学部の概要

教育理念

看護学を通じて保健・医療・福祉に貢献するため、深い知識と優れた技能および高い倫理観に基づいた、豊かな人間性をそなえた良き医療人を育成します。

教育目標

 社会の構成員としてその使命と責任を自覚し、生命の尊厳と人権の尊重を基盤とし、すべての人々を受容しうる心身ともに健康で感性豊かな人間の教育を育成します。
 また、人々を健康に導くことができる看護学の知識と技術を修得し、社会の変化に応じて生涯学び続ける能力を身につけ、国際的視野で思考し、保健・医療・福祉の発展に貢献できる看護職者の育成を目指します。

〈アドミッション・ポリシー〉

【求める学生像】

「豊かな人間性をそなえた良き医療人」を育成するために、次のような資質をもつ人を求めています。
1.自然や生命の大切さがわかる人
2.人としての品性と感性を磨くことを惜しまない人
3.広い視野をもち、他者を尊重できる人
4.学習意欲が旺盛で、自己の向上に努力できる人
5.人々の健康と社会に貢献しようとする熱意のある人

【入学までに習得が望まれる学力】

 入学を希望する人は、高等学校において、理数科、英語、国語を中心とした基礎学力を身につけておくことが必要です。
 英語の基礎学力は、看護学部の特徴でもある国際交流の推進と国際的コミュニケーション能力の習得のために必要です。理数科の基礎学力は、解剖・生理学、感染制御学、疫学など、看護に不可欠な科目を理解するために必要です。国語の基礎学力は、講義・演習・実習や卒業研究で求められる論理的文章力の素地として必要です。

【選抜方法】

 看護学部の教育理念に則り、大学教育を受けるに相応しい能力・適性を多面的・総合的かつ公正に評価し、選抜するために、一般入試、推薦入試(公募制・指定校制)、AO入試の多様な選抜方法を実施しています。
 すべての入試において面接を実施し、学習意欲、主体性、行動力、コミュニケーション能力などを有しているか、本学の教育方針のもとで学ぶ姿勢が備わっているかを確認します。また、高校の調査書から日常の成績や学習態度について確認します。

一般入試:理数科(生物、化学、数学より1科目選択)、英語の筆記試験を行います。理数科では、基礎知識を確認します。英語では、解説・評論・物語などの文章についての読解力と、対話文などを通した実践的な英語力を確認します。
 面接では、質問についての理解力と、自身の考えを論理的に伝えることができるコミュニケーション能力を確認します。また、看護への強い興味や関心・明朗性・積極性・協調性などを有しているかを確認します。

公募推薦:高校における一定の学力を有している者を対象とする公募推薦では、小論文試験を行います。文章の読解力があるか、また、自身の考えを論理的に述べることができるかを確認します。
 面接では、質問についての理解力と、自身の考えを論理的に伝えることができるコミュニケーション能力を確認します。また、看護への強い興味や関心・明朗性・積極性・協調性などを有しているかを確認します。

指定校推薦:過去の入試実績に基づき高校を選定して、教職員が直接高校を訪問し、本学の建学の精神と教育方針について説明を行い、適した学生を1〜2名推薦していただきます。高校の調査書により、基礎学力と学習態度を確認し、面接を行って本学の教育方針のもとで学ぶ姿勢があるかを確認します。

AO入試:ひとつの分野で卓越した能力をもつ者、または社会において優れた活動実績がある者に対して、一般常識試験および小論文試験を行い、基礎的知識を確認します。
 面接では、質問についての理解力と、自身の考えを論理的に伝えることができるコミュニケーション能力を確認します。また、学内外における活動内容について確認し、看護への強い興味や関心・明朗性・積極性・協調性などを有しているかを確認します。

〈カリキュラム・ポリシー〉

【カリキュラム編成および学修方法】

 「豊かな人間性をそなえた良き医療人」の育成を目指し、特色ある教育を行っています。学生が自立して自主的に学ぶ学習方法を身につけていけるように、以下のようなカリキュラム編成をしています。
1.医療人としての根源的なあり方や態度を「医療人間論」で学び、チームで取り組む「文化講座」「自然体験学習」「日本文化研修」などの体験型科目をとおして豊かな人間性を養い、感性を培います。
2.全学年において英語を学び、さらに海外での研修および交流の機会をとおして、異なる文化やその歴史を理解することにより、国際感覚を養います。
3.基礎領域では、看護学を学ぶうえで基盤となる「人体の構造と機能」「病態と治療」「人体と薬物」「疫学と保健統計」などを学びます。2年次終了時までに、これらの必修科目を修得したうえで、3年次の臨地実習に臨むことができます。
4.専門領域では、基礎看護学をはじめ、成人看護学、高齢者看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、がん看護学、在宅看護学、公衆衛生看護学、国際看護学の講義・演習をとおして看護の知識と基礎的な技術を修得します。グループワークやディスカッションなどをとおして視野を深めます。
5.1年次に多様な看護の場を知る「看護学基礎実習」を行い、看護学を学ぶ動機づけを行います。そのうえで、2、3年次の専門領域の実習(基礎・成人・高齢者・小児・母性・精神・がん看護学)へ進み、看護実践能力の段階的向上を図っています。学習進度に応じた実習指導が受けられるように少人数の実習グループで学びます。
6.生命と社会を脅かす感染症に対して、根拠をもって予防および対処ができるように、2年次に「感染制御学」を配置し、講義だけでなく実験をとおして学び、看護が展開される場で活用できる実践力を養います。
7.統合領域では、公衆衛生看護・在宅看護・国際看護の理論と実践をとおして、地域社会や世界の保健・医療・福祉の発展に貢献できる実践力と判断力を養うとともに、包括的な視点から看護をとらえる姿勢を身につけます。
8.論理的・科学的思考力を高めるために、研究方法を学び、4年次に卒業研究を行い、看護学の発展に貢献できる基礎的な研究能力を養います。
9.専門科目の講義・演習や臨地実習での体験、および4年次の「看護倫理」をとおして、医療人として重要な倫理観を養います。

【初年次教育】

 初年次の4月初旬に宿泊研修を行い、教育理念・目標を理解し、本学部の学生としてふさわしい姿勢、学習態度および卒業時までに身につけておくべき能力について考える機会を設定しています。
 大学生として必要な文献検索、レポートの書き方、情報リスク管理、プレゼンテーション技法などを学びます。

〈ディプロマ・ポリシー〉

 教育理念・目標に沿って設定した授業科目を履修し、以下の素養を身につけ、所定の単位を修めた者に学士(看護学)の学位を授与します。
1.生命と自然に対する畏敬の念をもち、人権を尊重することができる
2.医療人としての教養と、高い倫理観・責任感をもち、誠実に行動することができる
3.総合的に健康を捉え、質の高い看護を実践するための基礎的能力を身につけている
4.主体的に、学修研鑽を積む姿勢を身につけている
5.国際的視野に立ち、社会に貢献しようとする姿勢を身につけている